DJ NE-NYO

2007年クラブDJとしてのキャリアをスタート。
ターンテーブリズムに魅了され、2012年に単身渡米。
LAの様々な音楽シーンを経験し、数々のDJバトルにも精力的にも参加してきた。
男勝りのわざプレイを披露し、DJとして更に活躍の場を広げてきた。
また、自らダウンタウンLAでパーティを主催し、D-Styles、Rhettmatic、Ras-G、P-trixなどの豪華メンバーをゲストに迎え共演してきた。更に、DJ Koco 、DJ A-1などの日本人DJもこれに出演しており、日本とLAを結ぶ架け橋的な役割も担っていた。
帰国後にはRas-GやD-Stylesの日本ツアーを企画するなど、オーガナイザーとしても活躍している。
また2018年にはルーブル美術館アブダビで行われた世界初のターンテーブルオーケストラの一員に選ばれ、2019年には念願のDMCのファイナリストに選ばれた。